FC2ブログ

~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

筋質の低下により肌はたるむ。(ブルドッグタイプ)

 02, 2010 04:10
今日は先日のつづきです♪
皮膚老化は複合的な現象である。」

昨年、「年を取ると(加齢で)人間は老化するのか?」という記事を書きましたが、
その続きにもなるのかな。

年を取ると(加齢で)人間は老化するのでしょうか?
皮膚は間違いなく加齢で老化しますよね
(弾力が失われ、たるみやすくなります)




では筋肉はどうか?
筋肉は加齢により衰えるのでしょうか??
(ここから少しおさらいです↓)

体は少なくとも70歳までは老化しないと言われるようになったとの事です
例外として、筋肉とか神経を極限まで使用するようなスポーツをしていると、40歳くらいで衰えがくるそう。

筋肉を継続的に鍛えるとほぼ一定の状態を保つことができるという論文がいくつかあるんですが、武道家に体験からどうなのか?と聞いたところ、彼は「年と共にむしろ筋肉は向上していった」と答えるんですね。
「自分が丹念できる筋肉は若い頃は一部だったが、だんだん年を取るにしたがって、筋肉を中のほうまでというか、全体の筋肉まで鍛えることができるようになった」と説明されました。
いずれにしても、筋肉は年と共に変わらない、日常生活の筋肉は絶対に変わらない、と言えるそうです。
(不摂生な生活をしていたらダメですが)

子供の頃は移動手段がないから、徒歩や自転車などを使い自然に筋肉がついていたんですね。
それが大人になり車を運転するようになると、筋肉を使わなくなるので筋肉量が減る、ただそれだけの事なんです。

加齢により衰えるのではない。使わないから減るだけ。

骨は日々交換されカルシウムの層が形成されますので、良質のカルシウムを食べることによって、適切に骨に負荷を与えれば新しい骨を作るので新しい骨で維持することができます。
年を取ったから折れやすい、という事はない。
ただおじいちゃん(70歳くらいから)は、毎日尿から200gカルシウムが出るので補わなきゃいけない。
(丸干しが良い)

内臓も年齢によって老化することもないそうですヨ。
運動、適度な負荷(ストレッチや刺激)をかければ、年齢で筋肉も骨も内臓も衰えることはない、というお話でした。
(過度な負荷はよくない)

まとめると、
体が老化する多くは、高校の時より体を動かしていないから。
(筋肉量が減る)
疲れたからといって、年だからと言って動かないから。
加齢により、体がだんだん弱くなってくることはない、
という事だそうです。
※ 70歳くらいまでは

という事で、高校生の頃と同じように動けば筋肉は保てるし、衰えることはない。
内臓も加齢により老化することもない。
んですね。

ここまで●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


さてみなさん。
高校生の頃と同じくらいしゃべっていますか?
笑っていますか?
泣いていますか?
怒っていますか?
どれでもいいんですが。

あの頃と同じくらい顔の筋肉を動かすことができていれば、筋肉自体は衰えない、ということになります。
私は、というと、もともとそんなにしゃべるほうではない。
それに喜怒哀楽を出すほうでもない。
ということは・・・・
筋肉あんまり使ってないなぁ・・・と思ったんですが、筋肉が原因の衰え(たるみ)はそれほど感じることはない。
私の肌がたるむ原因といえば、もっぱら紫外線とストレス(活性酸素)だ。
あともう一個、ホルモンバランスの乱れ。
これがとっても曲者である。

なので、筋肉が原因でたるむってぴんとこないな、と思っていたんですが。。。
息子に聞くと、私、おぞましいことに1人でよくしゃべっていたり、テレビなど見てめちゃくちゃ笑っているそうです
それから・・・わんにゃんともかなりしゃべっている。。。(一方的に)
だから、筋肉の質が低下しずらいのね。
と、気づきました。
(マイナス思考のわりにポジティブだったりするし?)


筋肉を適度に使っていれば衰えないのですから、みなさんも昔と同じくらいしゃべったり笑ったりと楽しく生活してくださいね。
もしくは、適度に顔のエクササイズをしてね。
フェイササイズのP60「頬を高くする」と、P56「下まぶたにハリを与える」は、シワを作りにくいのでオススメです。
私は結局、たま~にP60「頬を高くする」を1日1回、1分×3,4回をしています。
やっている顔の運動といえばこれだけ。
P56「下まぶたにハリを与える」を行うと、41歳以降目の下にたるみが出現するようになったので、もうやめました。
(皮膚が伸びる)
こういうのは向き、不向きがありますね。

時々リガメントほぐしとリンパマッサージ(皮膚を引っ張らない、圧をかけて老廃物を流すイメージ)は続けて行っています。
こちらは、なんかフェイスライン変わってきた?浮腫んでる?老け感出てきた?
と感じる時のみ行っています。

さてさて。
筋肉が衰えるってどういうことでしょうか??
筋肉量が減ることでしょうか??
答えはこちらの図を見てくださいね↓

衰えた筋肉とは?1

筋肉が衰えるというのは筋肉の質が低下すること、なんですね。
筋肉と脂肪は全く違う組織なので筋肉が脂肪に変わることはないんですが。。
鍛えた筋肉が衰えると、筋肉組織内にすきまができ、その周囲の脂肪細胞が肥大化する場合があるという事です。
これを筋質の低下と呼ぶことにします。

筋質チェック↓
(画像はタニタさんからお借りしています)

筋質チェック

筋肉が鍛えられていると、筋繊維が密に存在し、脂肪や水分、結合組織が少ないですね。
あまり筋肉を使えていないと、筋繊維が細く、筋繊維以外の割合が増えてしまう
この状態が筋肉の衰えです。

今までも書いてきましたが、よぶんな水分や老廃物、脂肪が多いとたるむと書いてきましたが、筋肉が衰えると筋肉組織内にすきまができ、その周囲の脂肪細胞が肥大化等することで、それが重みとなり部分的にたるんでいくんですね。
(重力に耐えられず)

顔のエクササイズで効果が出やすい人は、もともと脂肪等が多い人だなと思っていて、私がエクササイズをしても効果が現れにくいのは脂肪が少ないからだなと。
そう考えていたのですが、それが証明されましたね。

顔の脂肪が多い人は、顔のエクササイズをすることで筋質を高くすれば、たるみの原因となる脂肪や水分、結合組織を少なくすることができるので、たるみが減り見た目も若返る、という事。
です。

若いうちは肌に弾力があるので脂肪が多くあってもたるみませんが、加齢により肌の弾力が低下しますと脂肪等の重みに耐えられずたるむのです。
このへん部分的にたるんでるなって箇所、気になることってありません??
そこが筋質が低下しいてる場所、と考えればいいのではないかと。

よくしゃべったり笑ったり、適度に顔のエクササイズ(運動習慣をつける)をし筋質を高くしておくことが、たるみ予防になりますね。

それから、そもそも肌の弾力が低下しているのがいけないわけで、内からのケアー(サプリメント等)で肌質を上げておくことも必要です。
内と外からのケアーね。

タニタさんは、加齢”や“運動習慣の有無”により、筋肉の質が変化する、と書かれていますが、加齢はあまり気にしなくていいのでは?と思います。
それは登山家の三浦雄一郎さん(85歳)の体を見ればわかるんですが、登山のためのトレーニングをしたりタンパク質を摂るため特に肉をしっかり召し上がることで85歳の今でも現役ラグビー選手並みの筋肉量を維持されているとの事ですので、食事と運動習慣で筋肉量の減少と筋肉の質の低下を防ぐことは可能といえます。

良質なたんぱく質をしっかり摂って、よく笑いよくしゃべる。
これだけでも筋質低下によるたるみを改善、予防することが期待されます。

エクササイズって効果あるの~??
と疑問に思ったことってあるでしょう?
筋質が低下している人には効果が出やすい方法と言えますね。

逆に私のように筋質が低下しておらず脂肪も少ない場合は効果が出にくいタイプと言えるでしょう。
やみくもに、鍛えていれば効果がある、という方法ではないわけです。
お顔ほっそりさんは、他の方法をメインにできるだけショートカットし若返りを目指しましょう。

こういうのは気付かないと延々と遠回りしてしまい時間がもったいないので、自分で考えないといけませんね。
人間は考えることが苦手なのでついつい言いなりになり騙されて遠回りさせられたり、ムダにお金を使ってしまったりしますね。
私もそうでしたが。

それから「ホルモンバランスの乱れ」。
これは放置できない問題です。
更年期には、卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンが急激に減少し、体の中のホルモンバランスが乱れますが、この状態を放置するとかなり老けるんですよね。
ホルモン系を補うサプリメントは私は必須だと考えています。
プラセンタやアミノ酸、大豆イソフラボンなどで補うことは必要不可欠だと思っています。
たるみが少ないなと思うと、こういうサプリメントかナチュラルホルモン補充療法を行っている場合が多いので聞いてみるといいかもですね。
なんと、三浦雄一郎さんもナチュラルホルモン補充療法を取り入れているそうですよ。
アンジェリーナ・ジョリーやハリウッド女優スザンヌ・ソマーズさんなども。
けっこう高いんですけどね。
(ナチュラルホルモン補充療法は、主要なホルモンについて、その「ホルモン年齢」をすべて20歳頃の最も元気なレベルに引き上げることにより、身体の中から元気になろう、というものとの事)
私は自分のホルモンを使いたいと思うほうなので、プラセンタやホルモンの分泌を促すアミノ酸のサプリメントを使いますが。
老人は成長ホルモンが作れなくなるのではなく、少ししかでない分脳下垂体にパンパンにたまっているとの事ですので、それを使わないなんてもったいない、と思うほうなので。

成長ホルモンは、新しい筋肉からも出ますし、よく噛むことでも若返りホルモンが出てきます。
運動習慣をつけたり、空腹の時間を作ったり、よく噛んで食べる。
若返りのポイントは沢山ありますね。

楽しんで不老を目指しましょう

ただ私、長生きはしたくないんですよね~。。。
若く健康ではいたいですけど、70歳まで生きるのはキツイかなぁと思うこの頃です
いやぁ60歳までがいいかな。
いやしんどいでしょう 
みなさんはどうかな??

2018年3月29日執筆。

続・ 筋質の低下で肌はたるむ。 おでこ編。
肌質アップも筋質アップも両方叶う!」もご覧ください。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?