FC2ブログ

~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

内からのケアーで肌の弾力を取り戻したるみを改善。愛用中のサプリメント(2018年2月現在)

 17, 2018 01:51

さてさて♪
RF(ラジオ波)による人体実験もすみましたので、いつも通りのケア、不老生活を続けていこいうと思います♪
これからもたま~に気になる美容法を試そうと思いますが。。。
しばらくは今まで通りのケアを。

これからは。。。
肌内部を一度炎症させて、それにより創傷治癒の力(傷を治す力)を高めて肌再生を促すというような美容法は避けようと思います。
ラジオ波もそうですし、ダーマローラーなんかも避けたいですね。

〇 ラジオ波→ラジオ波を肌に当てると、真皮にまで到達し、コラーゲンに熱損傷が与えられます。それによってコラーゲンの産生が促されるため、コラーゲンの減少によって起こる肌のたるみ改善が期待できます。
〇 ダーマローラー→ダーマローラーとは、とても細い針が付いたローラー状の機器を肌の上で転がして、皮膚に目に見えないほどの微細な穴を開けます。それにより、創傷治癒の力(傷を治す力)を高めて肌再生を促す治療方法です。
(ダーマローラーは使ったことがありません)

このような美容法や治療法は経験から肌質が落ちるような気がしますので、これからは避けようと思います。
ラジオ波を使用してみて感じましたが、一時的でも肌を痛めつけるような方法はよろしくないですね。
使っているうちはいいんですが、後々やっぱりどっとくるかな
じゃあ使い続ければいいんじゃない?と思う人もなかにはいるかもしれませんが、そういうのはちょっと好きではないので。
肌の状態がよくなくてとにかくなんとかしたい、という人にはいいんだと思いますが、そうではない人には向かないですね。

やっぱり外からは炭酸が一番肌質が上がりたるみに安全に効きます。
美容だけじゃなく抗炎症作用も素晴らしいですし。
(関節炎には効果抜群です)


。。。基本的には、若返りのために行っていることはもうずっと変わっていません。
老いの原因を1つ1つ潰していき、そして減っていくものは補ってやる。


これですネ!
これは若返った人は必ず行っているんですが、あまり教えてはくれないですよね。
ほら、こういう事を教えるよりも、読者(消費者)が喜ぶ言葉を使って興味を引くやり方のほうが儲かりますもんね。

まぁそれはおいておいて。。

Natracare, ナチュラルパンティーライナーも速攻売り切れちゃいましたね。
アイハーブも日本人の購入者が増えすぎるとちょっと困るかも・・・?
欲しいものが手に入りにくくなったり、使いたい時に使えないというのは・・・
特に生理用品は困りますね。
こういうものに変えるだけで生理痛というものがほぼなくなってしまうくらいですもの。
もうほんとに購入できないと困りますね・・。
ロングサイズももうすぐ切らしてしまいますし。。
なんとかならないですかねぇ。。


今日は今現在愛用しているサプリメントをあらためてご紹介します♪

大事なことはもうトップの記事に全て書いてあるので、細かく書く必要もないと思いますが。。。

歳を重ねると分泌量などが低下していくものといえば何がありますか??
パッと思いつくだけでもいくつかあるでしょう?
成長ホルモン。
女性ホルモン。
そして、コラーゲン。
体内酵素量。
抗酸化力。
などなど。

それらが減ってしまうから老いていく。
だからできるだけ補ってやる。
過不足なく、というのがポイントです。
(少なすぎてもダメで、多すぎても問題に)

あ、一番嫌なのが細胞数の減少。
ですよね。

細胞の数が保てなくなると一気に老化が進む、といいます。
30歳ぐらいまで老化が目立ちにくいというのはなぜかというと、細胞の数が一定に保たれているから、
なんですね。

細胞の数が保てなくなると、一つ一つの細胞に負担がかかり、一気に老化現象が進行して「急に老けたね」といわれることになります。
ちなみに女性が閉経するというのは、卵巣の細胞数が減っているためです。
。。。したがって、細胞の数を保って減らさなければ、閉経による老化現象はほとんど気にならないという事です。

このように、若くいるためには、細胞の数を保つことがすごく大切なことなんですが、細胞の数を保つのに一番有効なホルモンは成長ホルモンだと言われています。

では成長ホルモンを出すにはどうしたらいいか?

成長ホルモンは空腹時に出るので、ダラダラ食いをしない事。
ノンレム睡眠といわれている深い睡眠時に大量(1日の必要量の70%)に出るので、質の良い睡眠がとれるように心がける。
(お年寄りは睡眠が浅いため非常に枯渇します)
運動をし古い筋肉を壊し、若い筋肉をつくる。
など。

※ 成長ホルモンは20歳から30歳になるとその量が半分になってしまいます。

年を重ねると成長ホルモンを作れなくなるのではなく、出にくくなるのだそうですよ。
高齢者ほど成長ホルモンが少ししか出ない分、脳下垂体にはパンパンにたまっているのが事故で亡くなったりガンで亡くなった方の脳下垂体の分析からわかってきたとの事。
(老人は深い睡眠がとれないから老化する)


ここでは成長ホルモンについてだけ書きましたが、その他減少していくものは適度に補い老化を防ぎましょう。


とりあえず加齢により減ってしまうものは意識して食事で摂取する等工夫してください。
私は何年か食事を工夫するなどしてみましたが、それによる効果よりストレスが勝ったため、今はほとんどサプリメントに頼っています。

大事なのは、自分が楽しく行えているか。
です。
どれだけ体に良いことでもストレスに感じていれば効果は半減。
害をもたらすことすらあるのです。

私もいい年になりいろんな人を見てきましたが、オーガニック生活をしていた人が若くして亡くなったり、という事もあり、体にいいか、よりも、楽しいか?を選択するようになりました。
がっちがちに「ナチュラル」にこだわっていた頃よりも、ずっと早く楽に効果が出るようになったのには驚きましたね。
今思えば当然の結果なのですが。


ということで、ここからは今愛用しているサプリメントのご紹介です。
ほとんどは数年前から変わってませんが、一部変わったものもあります。

ホルモン系を補うサプリメント↓
原末プラセンタ
FoodScience, メタアミノブレンド

ホルモン系

ホルモン補充療法もありますが、こちらはホルモンを補充するのではなく、ホルモンの分泌を促すサプリメントになります。
成長ホルモンは落差で効くということですから、最近では、月~金まで飲み、土日休んだり、調子がいい時はしばらく休み老化が気になりだしたら再開する等工夫するようにしています。
といっても、あくまでも促すサプリメントです。
(成長ホルモンを点滴で大量に24時間流しまくると骨も筋肉もちっとも成長しないそうで、飢餓状態をつくり、少ないところからポンと上げる落差によってこそ、成長ホルモンが効くということがわかっているとの事)
※ 女性特有の病気をかかえる人はメタアミノブレンドはやめておいてください。


基本の栄養素補給↓
スローフード加工のマルチビタミン&ミネラル栄養補助食品
本物の食べ物、厳選されたハーブ、栄養素を加えたもので作られている同メーカーの亜鉛

亜鉛+マルチビタミン

マルチビタミン&ミネラルは、食事にこだわれない時に補給します。
(脳はビタミン不足になると脳細胞が一気に減少するとの事)
亜鉛は細胞の新生を活発にし、皮膚の発育を助け免疫力を高めるとの事ですが、父の皮膚潰瘍がみるみるよくなり皮膚がどんどん再生するのを目の当たりにしてから、皮膚の状態をよくするにはこれだ!と。
亜鉛は毎日飲むようになりましたが、効果はどんぴしゃです。
肌質が変わります。


抗酸化サプリメント+FloraGloルテイン↓
Healthy Origins, ピクノジェノール100 mg
Doctor's Best, FloraGloルテイン

抗酸化力、ルテイン

耳タコだと思いますが。。
天然成分ピクノジェノールには5大機能である強力な抗酸化作用や血流改善機能、コラーゲン結合機能、有力な抗炎症作用、血糖値を下げる機能をはじめ、様々な働きが私たちの健康をより良いものにする為に働きかける事が長年の研究で明らかになっています。
傷を治すのは血流ですしコラーゲン結合機能も見逃せません。
ルテインは FloraGlo®ルテイン。他のではダメ。
こちらの2点も必要な時に補給します。



グルタチオン↓
LypriCel, リポソーム型グルタチオン
お手頃価格の還元型グルタチオン, 500 mgもいいです。

グルタチオン

酸化よりも毒物、老廃物の蓄積のほうが問題だと仰る医師もいます。
グルタチオンは様々な毒物と結合し無毒化し体外に排出する能力があります。
詳しくはこちら
グルタチオンを飲むようにしてから、植物性シリカフラックスオイル(オメガ3)等はなくても大丈夫になりました。
安価ですが実感しやすいCalifornia Gold Nutrition, ビタミンC, 1000 mg
コラーゲンはDoctor's Best, コラーゲン、ペプタン(タイプ1、3)を飲んでいますが、粒が大きく喉でつかえるので口の中で噛み砕いて飲んでいます。(ビタミンCも配合されています)


カルシウム補給↓
Now Foods, クエン酸カルシウム
カルシウム

消化・吸収に優れたカルシウムです。
こちらは時々です。


腸の健康&ダイエット等に↓
腸をキレイにし、吸収も良くしておかなければ何の意味もありません。
arrow Formulas, ジャロ‐ドフィラスEPS,120べジーカプセル
酵素と乳酸菌でスッキリ!【菌活美人】

乳酸菌と酵素

【菌活美人】→生酵素と、超微小サイズで体内での吸収が期待できる「EC-12」をはじめ、生きて腸まで届くラクリス菌「有胞子性乳酸菌」、体内善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌配合で体内フローラを善玉菌優勢に。
Jarrow Formulas→8つの有益なプロバイオティクス菌(1カプセルに50億)


体調が不安な時に飲む酵素サプリメント↓
生酵素サプリメント『OM-X』
健康維持、体の不調が気になる時や、臭い(加齢臭など)が気になる時などに。

日本製酵素+乳酸菌

100%国産原料、プロバイオティクス乳酸菌も摂取できる酵素サプリメントです。
最も信頼している酵素サプリメントはこちらなので、息子にはこれを毎日飲ませています。


更年期のサポート、若返り&ダイエットなどに↓
必須アイテムではないですが、続けると確実に肌が違ってきます。
Jarrow Formulas, Iso-Rich Soy、パウダー

プロテイン

前回ご紹介したサプリメントとあまり変わってないと思いますが。。
中からのケアーはこんな感じで、その日に足りないと思うものを選び補給しています。
サプリメントは海外製が多くなっていますが、やはり品質、有効成分の配合量で選ぶと海外のものが多くなります。
国産のサプリメントを飲んでいた人が海外のものを飲むと、効果にびっくりされる人が少なくないようです。
そういえば数年前に浅野ゆ〇子さんが飲んでいると雑誌で紹介されていたのはNow Foodsのものでしたが、昨日金スマで保阪尚希さんが大量のサプリメントを飲んでいると紹介されてましたが、やはりNow Foodsのボトルでしたね。
ただあれだけ大量のサプリメントを飲むのはちょっと・・・。
何ごともやりすぎはね・・。
私はせいぜい1日6種類前後なので。


加齢で減ってしまうものはできるだけ補ってあげる。
こうすることで、肌は弾力を取り戻し重力によるたるみを防ぐことができるようになります。
(皮膚自体のたるみを改善)
これはとてもとても大事なことですよ。
これをしなければ本当の意味での若返りは叶いません。

顔に脂肪が多くついていてそれが原因でたるんでしまっている場合もあるのですが、こういう場合もやはり重力が原因で下がっていますのでまずは中からのケアーで肌の弾力を取り戻したるみにくい肌にしなければなりません。
若い頃は脂肪が沢山ついていても肌に弾力があるためたるまないですよね。
なので、肌の弾力を取り戻すケアーをしつつ、よぶんな脂肪を減らさねばなりませんので。。。
顔の筋肉を適度に鍛えて脂肪を減らすという方法を行うのもよいと思いますし、炭酸ジェルパックも脂肪燃焼作用がありますのでオススメです。
脂肪を減らすには、超音波美顔器なども効果が期待されます。
超音波美顔器で顔がコケてしまったということを聞いたこともあるので、どうやっても脂肪が落ちない、とお悩みの人には嬉しい効果だと思います。
あまりオススメしないですが、ラジオ波も顔がかなりすっきりしますけどね。
自分にはどの方法が合うかですよね。
それから金銭的な問題もあると思いますし。

次回は、筋肉について、記事にしようと思いますので、お楽しみに♪

この記事ではサジージュースNow Foodsのクエン酸を乗せてませんが、サジージュースは果汁ジュースとして飲んでいますし、クエン酸については疲労を取りたい時やアミノ酸を飲みやすくするために少量混ぜて飲んでいるので、ここでは省きました。

海外のサプリメントのご購入は、『世界一の美女になるダイエット』で紹介、ミス・ユニバースジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんオススメのオンラインサイトアイハーブが安心です。

病気予防&改善のまとめもご覧ください。









参考図書 春山茂雄の不老革命 若返りの「奇跡」 (bio books) [ 春山茂雄 ]
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?