~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

光老化と加齢による老化。

 15, 2017 04:40
老化の約80%が紫外線が原因という事ですから、もっと詳しく調べておこうと思います。

〇光老化(紫外線)
長年にわたって日光にさらされ続けた皮膚が慢性的な紫外線傷害により色素沈着(しみ)やしわを生じる太陽光線(紫外線)による加齢現象。
真皮の浅い層の弾性線維が変性を起こして塊として沈着する光線性弾性線維症(皮膚の弾性線維が固まる)となり、皮膚の弾力を失ってしわやたるみを生じる。
※ 加齢のみではこのような状態になりません。

光線性弾性線維症の画像はこちらをご覧ください。

〇 加齢による老化と光り老化の違い。
加齢による生理的な自然老化では弾力性の低下から皮膚は薄くなるが、光老化ではごわごわした厚みのある皮膚となり深いしわが形成される。
また、自然老化では茶褐色のメラニン色素を産生するメラノサイトが減少して皮膚の色は薄くなるが、光老化ではメラニン産生が亢進(こうしん)して皮膚の色は濃くなり、しみが形成される。
 


光老化(紫外線)の典型的な例↓
Images in Clinical Medicine
Unilateral Dermatoheliosis


紫外線 顔半分

運送トラックを28年間運転しており、顔の左側だけ紫外線を浴びていたら・・・
【画像あり】肌は日焼けでどれだけ老化するのか?
紫外線A波はトラックの窓ガラスを通り抜け、肌の外皮および真皮の上層に浸透していた。肌が慢性的に紫外線A波へさらされると、このように弾力繊維が破壊され外皮と角質層が厚くなることがある。なお、紫外線A波による光老化は、光発がんと対比して語られる症状である。

紫外線はA波・B波ともにDNAを変質させて皮膚がんを引き起こす可能性があるため、専門医たちはこの患者に日焼け止めやレチノイド、皮膚がんの定期健診を勧めているそうです。


私の場合は窓際で数年(2,3年程)顔の左側だけ紫外線を浴び続けた結果、、

左側のみ口元にはヒダ(部分的に伸びてしまった皮膚)ができ、
片側の頬たるみまくり

左側がひどく落ちたるみ左右非対称の顔に苦しみました、、、

片側のみひどくたるむ


詳しくはこちらを⇒老化具合を拡大して振り返ってみる。



同じく、15年以上オフィスの窓際の席に座り、長年窓ガラス越しに紫外線を受け続けた女性の写真↓
オバジさんの画像をお借りしました。

レチノイド

2,3年でもかなりたるみましたけど、15年経過するとますますひどい状態になりますね・・・。
こうなると老化もですが、皮膚がんの心配もあり恐ろしいですね・・。


蓄積された紫外線ダメージは、肌に大きな変化をもたらし、表面にはシミ、しわなどの肌トラブルとなり現れます。肌内部では、皮膚のハリを保つ弾性繊維が破壊され、光線性弾性繊維症という変化が起き、たるみやしわの原因となります。


↑ これが私の老化の状態です。

〇 加齢による老化と光り老化の違い
一番大きな違いは加齢による老化では皮膚の厚さや色が薄くなる方向に向かいますが、光老化は紫外線に対する防御反応として、皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。それがシミ、しわとなって現れます。
光老化で特徴的なことは真皮にあって皮膚の張りを保つ弾性線維が破壊され、お団子状態になる光線性弾性線維症という変化が起こることです。

光線性弾繊維症

年をとっただけではこの変化は起こりません。弾性線維が機能しなくなるため皮膚の張りが無くなり、しわや、たるみができます。
このように光老化は普通の老化とは異なる変化であり、その気になれば予防可能なものです。また光線防御により多少とも元に戻る可能性があります。

公益社団法人日本皮膚科学会


光老化と加齢による老化では、皮膚の状態は全く違う、という事です。
ということで、私の皮膚は厚みがあるのかもしれませんね。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?