~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

IGF-1や成長ホルモン。

 12, 2016 04:31
先日、プラセンタの安全性について記事にしましたけど。。。
問題視しなければいけないのはむしろこちらかも?

○ IGF-1

インスリン様成長因子1(IGF-1)は主に肝臓で成長ホルモン(GH)による刺激の結果分泌される。IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれる。人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞はIGF-1の影響を受ける。インスリン様効果に加え、IGF-1は細胞成長(特に神経細胞)と発達そして同様に細胞DNA合成を調節する。

インスリン様成長因子1(IGF-1)は、ガン細胞の増殖も促進するので、「がん患者には使うな」と言われているようです。

なので、牛乳など乳製品にはIGF-1が多く含まれているので、過度に摂りすぎてはいけない。
がん患者は食べないほうがいいなどと言われているようです。

まぁ、牛乳にはホルモン剤が含まれている等、昔から言われてますもんね。



内容紹介
●世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。
●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。
●プラント教授は、最初に乳がんになったあと、ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。
●プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。
──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。



という事で、IGF-1が危ないなら成長ホルモン自体が危ないんじゃないの?
と思ってしまうんですが。。。

春山茂雄先生の著書には「以前は、成長ホルモンはガンも成長させるので、「がん患者には使うな」と言われていました。しかし、それは間違った考え方です。たしかにガン細胞も増加させますが、その10倍、20倍ものスピードでガン退治の細胞を増やすことが実験で確認されています。白血球やリンパ球、ナチュラルキラー細胞などです。」
と書かれています。

ふむふむ。

成長ホルモン自体が危ないのであれば、安静時の100倍以上の成長ホルモンが分泌される加圧トレーニングはそうとうヤバイということになっちゃいますもんね。
わたしは加圧トレーニングになぜか興味がないので、どうでもいい話なんですけど。。
(名古屋の有名な大手の加圧ジムのオーナーさんが全く若くない、と知ったのでよけいに)


うーむ。。
成長ホルモン注射を打つとか、そういうのは危険そうですね。
あとアイハーブにもありますけど、IGF-1サプリメントは私は嫌です。。
Now Foods, IGF-1, 30 Lozenges
IGF 1 商品いろいろ

取り入れるのであれば、成長ホルモンの分泌を促す食品を意識して摂るとか。。
アルギニン、リジン、オルニチン、グルタミンといったアミノ酸とか、亜鉛。
大豆、鶏肉、ナッツ、ゴマ等。

サプリメントであれば。。
成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントなどですね。
FoodScience, マキシ(Max)-HGH, 11.6オンス(328.5 g)

あと、超ナチュラル派の方なんかは、成長ホルモンの分泌を促進させるアルギニンが豊富なマカのサプリを愛用されてますよね。
Now Foods, マカ, 生, 750 mg, 90粒(ベジタリアンカプセル)

こういうものが安全かなと思います。

ただ、どれも過剰摂取はダメです。
早く若返りたくて2倍量飲むとか、もう。
絶対やめてくださいね。
たまにいるんですよ、、、

成長ホルモンを意識しだすと、ほんとめ~~~~っちゃ若返ります。
若返り美容医療なんて全く必要ないですよ。
注入系なんかしなくても全然若返りますし、何より見た目がナチュラルです。

何を選ぶかは自由ですが。

私はマキシ(Max)-HGHを1年3か月続けてますけど、ベジタリアンで非GMO。
正直高いですけど、安全性重視でこちらにしています。
わたしは米人ほど体格はよくないので、最近では飲む量も減らし、付属のスプーン6、7分目ほどにしていますけど効果はあります。


サプリもうま~く取り入れれば、安全に効果的に使えます♪
先日も書きましたけど、今現在、血液検査でも肝機能、腎臓の機能ともに問題なし。
白血球の値もばっちり。
メタボもなし!と100点!と言われています。


ちなみに。。。
わたしはフルーツ入りのヨーグルトが好きですし、カルピスも好きなので、そこそこ食べてますよ。
牛乳が絶対だめ~とかそういう風になるとおかしなことになるので、大量に食べたりガブ飲みしなければOKとしています。
(ガン患者さんにはおすすめしませんが・・)



いつまでも健康で若々しくいたいですネ♪





つぶやき。
数日前に「年齢実際何歳?」
と聞かれたので。。。
「40です」
と答えると・・・
「めっちゃ若くない!?サバ読んでない?上に」と言われました。
ただ、若く見られていいことなんか特にないんですよね。ぶっちゃけ。
自己満足の世界というか、着たい服が着られるとか、いろんなことに自信を持って挑戦できるとか。
あら?イイことのほうがやっぱり多いかもしれませんね 
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?