~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

顔のコケを改善!脂肪が多いとたるむ!浮腫みはたるみの原因に!老化やたるみの原因を徹底追究。小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

しっかり食べてもいい?ダイエットに特化した遺伝子検査 【遺伝子博士】

 12, 2016 02:57
ダイエットに特化した遺伝子検査 【遺伝子博士】の結果が出ました。

遺伝子博士検査キット

 ↑この箱の裏に検査結果確認に必要な検査IDとパスワードが書かれているので、箱を捨てないように注意。

結果は・・・・
ジーンライフの検査結果とほぼ同じでした。

やっぱりねぇ・・。

おさらい↓

申し込みをすると遺伝子博士キットが届き。。

検査用綿棒↓

キット

3,4回口の中をゆすいで、ほっぺたの内側を綿棒を強く押し当て、ほっぺたの内側全体をまんべんなく綿棒を回転させながら10回程度上下へ動かします。

検査用綿棒

綿棒を容器に戻し、解析依頼書、同意書に必要事項を記入してポストに投かんするだけ!です。
検査結果はスマートフォンやパソコンで確認できます。
(オプション購入でお手元へ製本したレポートをお届けすることも可能です。)

さて。。
結果ですが、私の現在のタイプは筋肉不足の「なまけもの」タイプでした
目指すタイプは、筋肉質を目指してバランス良く運動 「チーター」タイプ。

前回検査して、筋肉がつきにくく太りやすいというのはわかっていたので、なんとな~く想像つきましたが。。。
なまけものかぁ!!
トドじゃなくてよかったかも? ^^;

基本これです↓

筋肉がつきにくく基礎代謝が上がりにくいので、加齢による基礎代謝減少に伴い、急激に太る危険性もあります。
また、一度太ると痩せにくく、ダイエットが難しい遺伝的体質です。



ただ、知らなかった情報も知れて収穫ありです

○ 糖代謝リスクは標準で、炭水化物や甘いものなどを食べると太りやすい遺伝的体質ではない。
○ 揚げ物やクリームなどを食べると太りやすい遺伝的体質ではない。

との事で。。
ごはんや脂質は減らさなくてもいいのね。
ごはん、パン、から揚げ、ケーキ食べてもよいのね~
というか、食べる量を減らす事が逆効果な危険性が高い遺伝的体質との事なので、しっかり食べないといけないようです。。
これは今知っておいてよかった。
(※ 食べる量を減らす事で必要な栄養を摂る事ができなくなったり、エネルギーを得るために筋肉を分解してしまう可能性がある。)

それから、胃腸があまり強くないらしい。
確かに、サプリメントなども胃が痛くなって飲めないものが多い。
疲れやすい体質(なるほど)。

これからは、食べる量を減らすダイエットではなくて、ふつうの量を食べて、タンパク質摂取を特に心がける。
プロテインやアミノ酸のサプリメントを利用する。(やっている)
ナッツ類やヨーグルトなどを間食として食べ、食事以外でもたんぱく質を補う。(やっている)
ドライフルーツもオススメ。(食べている)
高負荷・低回数の筋肉トレーニングで効率的な筋肉量の向上を目指す。
(あまり長時間、ハードな有酸素運動を行うよりも、筋肉トレーニングに力を入れる事がおすすめ。)
○ マラソン<ダンベルやジムなどのマシンを活用

筋肉がつきにくいので、加齢とともに急激に太る可能性があり、一度太ると痩せにくい体質という結果だけだと気分が落ち込み目も当てられませんが。。。
遺伝子博士は気分が上がるような情報も提供してくれるのでいいですね

だって。。。
基本食べ過ぎなければ何食べてもいいんですもの!!
(そういう体質)

でも待てよ・・
1日3食食べてしまうと確実に私は太るんですよねぇ。。
あっという間に。
やはり今の食事ではタンパク質不足という事ね、、、
食事と筋トレをもっと工夫する必要がありそう。

遺伝子博士

そのダイエット法間違っていませんか?
【遺伝子博士】

何をやっても痩せない時、効率よくダイエットしたい方、無駄なお金を使いたくない人、一度調べてみては?

COMMENT 0

WHAT'S NEW?