~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

たるみの救世主になるか?DMAE(ジメチルアミノエタノール)。アイハーブ(iHerb)

 11, 2016 01:00
3月2日にアップした記事ですが、もう一度上げておきますね。

たるみが起きる原因のひとつは老化による筋肉の緩みです。

カラダの筋肉は骨についていますが、顔の筋肉は皮膚にくっついているため、皮膚を支える顔の筋肉である土台が衰えれば肌もゆるみ、たるみの原因になるのです。

人の表情は「アセチルコリン」という神経伝達物質が顔の筋肉を収縮させることで作られています。
若いときはアセチルコリンが活発につくられ筋肉の収縮によりハリがありますが、老化とともに体内で作られるアセチルコリンは減少してしまいます。
一度減ってしまったアセチルコリンは体内で増えていくことはありません。

さて、最近話題の成分にDMAE(ジメチルアミノエタノール)があります。
DMAE (ジメチルアミノエタノール)とは、魚に含まれるDHAおよびEPA等の魚の脂肪酸に含まれる成分。

DMAEはアセチルコリンの前駆物質で、DMAEは体内でアセチルコリンに変換され、筋肉が再び収縮するよう命令し、筋肉を回復させ、緩み・弛みを改善します。

簡単に言えば、DMAEは筋肉に直接働きかけ、緩み・弛みを改善してくれる成分、という事です。

DMAEは「即効性」と「持続性」があることが立証され、スキントーンが明るくなり、肌の引締め効果も確認。
その効果は24時間持続されたという結果も。

詳しくはNABERまとめサイトへ。

初回購入お客様限定⇒ 無料製品
 お得な期間限定特別価格セール商品

アイハーブ送料無料キャンペーン継続中
$40以上注文で佐川急便の送料が無料に

米国でもっとも人気のあるアンチエイジング(抗老化)医師の一人ニコラス・ペリコーン博士は、著書でDMAEが肌のしわを減らす効果があることを発表しています。



この本が発売されたのが2003年なんですねぇ。
けっこう前ですね。

たるみの原因の1つが筋肉のゆるみであることは誰でも知っていると思いますが。。
事実であれば、顔の筋肉を鍛えるのが苦手な人でもDMAEが含まれたスキンケアコスメを塗るだけで筋肉が鍛えられたるみが改善するとは、なんて画期的!

ただ調べていくと。。
こんな意見もあります。

Dr.N.Vペリコンは彼の著書"シワ治療”ではこのような成分が肌改善に役に立つといっていました。しかし実はそれを証明する研究はまだありません。
詳しくはこちらのサイトへ。

ある医師のブログにも。。
DMAEでなぜシワが改善するのか。
調べてみると、DMAEは線維芽細胞の増殖を抑えアポトーシスを誘導する作用があるとのこと。
線維芽細胞はコラーゲンを産生する細胞ですから、DMAEによって逆に肌のハリがなくなってたるみが助長されることになりそうです。
さらに、線維芽細胞だけでなく、ケラチノサイトとか他の皮膚の細胞に対しても細胞障害性があるとのこと。
疑問を持ちつつ調べ続けてみると、どうやら、皮膚の細胞が障害されて細胞質に空胞(vacuole)が形成されて細胞が膨張することでシワが改善するのだろうという推測がされていました。

シワが気になる人は、ボトックスで筋肉を麻痺させてシワを改善させてますけど、DMAEは全く逆で筋肉の収縮によりハリを出させるのか。
シワが気になる人はボトックス。たるみが気になる人はDMAEを選択することになるのかな?

なんというかね、「DMAEは線維芽細胞の増殖を抑えアポトーシスを誘導」という言葉がとっても嫌ですわたくし。
今までなんとか繊維芽細胞を活性化させてここまで若返ることができたのに、その増殖を抑えるなんて、、、
とっても嫌ーーーー。。。

それはおいておいて。
人気メイクアップアーティストの藤原美智子さんがペリコーン博士の本をバイブルとしており、ドクターぺリコンの化粧品を愛用しているとかどこかで見ました。
ペリコン化粧品を調べてみると、DMAEが配合されていて合界もそこそこ入ってますね。
藤原美智子さんは現在57歳??確かにお若い。
藤原美智子さんは、顔の内側のコリはお風呂に入りながら指でほぐしているそうで、最近は「ほぐす」に熱中しているとの事。
ほぐしてやると贅肉も取れやすくなるし、顔の歪みが軽減するし、顔も引きあがってたるみにも効くしと書かれてますね。
私も2016症状別アンチエイジング法で「ほぐす」記事を書いてますが、やはりそこに行き着きますか。
考え方が同じなのはとっても嬉しいですネ

話がそれましたが。
何が正しいのかこれは自分で体験するしかありません。
という事で国産コスメでDMAEが配合されれいるものを探してみると。。

クリニックと共同開発されたドクターズコスメ モイストリフトプリュスセラム
DMAEや強力な抗酸化成分フラーレンを高濃度配合。カルノシン、αリポ酸、トコフェノールなども配合され人気商品となっています。
成分を調べてみると、ポリマーが少し多め。
合界は必要最小限といった感じで、肌への悪影響はあまり問題なさそう。

もう一点。
アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ トライアルキット
こちらは、合界とポリマーのオンパレード。
DMAEの効果なのか、ケミカルの効果なのか疑問になりそう。

うーむ。
人気コスメのモイストリフトプリュスセラムを試してみようかな?と思ったんですが、とりあえずは保留中。

今回はアイハーブのものを試してみます。

アイハーブにもDMAE配合コスメがいろいろありますが、成分重視で選んでみました。
合界&ポリマーの効果なのかDMAEの効果なのかわかりずらいのは嫌なので(というかケミカルコスメはシミもできやすくなりますしね)、ケミカルができるだけ含まれていないものを選んでいます。

本命⇒ Intensive Nutrition, DMAE 3%、アンチ・エイジング・ジェル、1オンス (30 ml)
5681円

Intensive Nutrition, DMAE 1%, Anti-Aging Topical Solution, .5 oz (14 ml)
2728円

Derma E, ダーマE, Firming Toner with DMAE, Alpha Lipoic and C-Ester, 6 fl oz (175 ml)
1420円

あら、やっぱりこういう事をレビューで書かれている方いますね。
「2007年に発表されたカナダの論文によると、高濃度配合されているDMAEによりコラーゲンを作る細胞が即時膨潤したり、細胞の分化が遅延するだけでなく、停止したり代謝反応が遅くなることで細胞が死んだりと、老化防止に役立たないだけではなく、安全性についても疑問を持たれる結果が出ているらしい」

うーん・・
カナダでもそんな疑問がもたれているのですね。
一時的に改善させたように見せるタイプの成分かなぁ。。
長期的に使った場合はどうかなぁという感じですね。

老化に悩んでいて切羽詰っている人が一時的に使うのはありだとしても、長期的に使うのはどうなのかな。
やっぱり私は線維芽細胞さんは元気でいないとダメだと考えるので、これはなしかな、、

真実は体験してみないと。。。なーんて思いましたけど、気が進まないので却下。
とりあえず注文はしちゃったので、少し使ってみてタンスのこやしになる可能性が高い。
やれやれ。

ロイヤルクレジット

アイハーブで 新しいロイヤルティクレジットプログラムが始まりました。
注文金額(送料は除く)の10%に相当する金額がポイントバックされ、次回のiHerbでのご注文に利用することができます。
(60日以内にご利用下さい。)
 実質全品10%OFF
 購入時は、注文金額にロイヤルティクレジット分を足して、15500円以上になっていないかご確認の上購入してくださいね。
(15500円以上購入すると関税がかかってきます)




初回購入お客様限定⇒ 無料製品
 お得な期間限定特別価格セール商品
通常より安いお試し商品

iHerbブランド  特別セール  入浴 & 美容  サプリメント  ハーブ  スキンケア  
食品  スポーツ  キッズ & ベビー

アイハーブの送料無料キャンペーン継続中です
$40以上(日本円の目安4,401円)注文で佐川急便の送料が無料に!

☆ 佐川急便送料$4均一(440円均一)

 関税を避けるためにアイハーブでは、15500円未満、重量10 kg (22 lbs.)未満になるように注文したほうがいいので、出荷重量↓もしっかりチェックしてからレジに進みましょう。

送料の見積もり


アイハーブは『世界一の美女になるダイエット』で紹介、ミス・ユニバースジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんオススメのオンラインサイトです。
ナチュラルで良質な製品を数多く取り扱っています。
アメリカ、カリフォルニアから直送され、日本価格と比べ最高80%も安くお得です

 アイハーブでは初めて注文すると、5ドルの新規購入割引を受けることができます。
(カートで確認できます)
カートの左下のこちら↓にクーポンコードが入力されていれば、5ドル割引されます。
クーポンコード

アイハーブこちらから購入することで自動入力されますので、是非お使いください。

支払いは、カード払いや代引きが選べます。

 週間レート
 エキサイト翻訳(英語が苦手な人も安心)

iHerb.com




関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?