~きまぐれ美容日記~ Poursuite de la beauté

サプリメント&化粧品でひどいたるみを改善!美容医療いらずのアンチエイジング法を発信中!小学館「FAnet」セレブログに認定。

Take a look at this

自分のたるみの原因って?

 25, 2015 04:56
このブログを始めてもうすぐ8年になるようです。
わたしも長いこと美容について調べたり自分を実験台にして行ってきましたが、経験してみなければわからないことはいまだにあるんですね。

最近ちょこちょこ書いてますが、今年に入り何年も悩んできた「顔のコケ」を解消することができました。
顔がコケる原因に、「遺伝」と、「ストレス」があると言いますが、私は母がコケているのできっとそういう体質なんだと思っていました。
でも、息子が高校生になり、ママ同士のお付き合いがほとんどなくなり学校行事も激減してから、なんと顔にお肉がつくようになりました♪

今年に入ってから、あれ?顔のコケがほぼ気にならないぞ!と気づき、半年ほどかけて顔全体がふっくらとしていった、という感じです。
それから・・・・
「母との確執」の問題も乗り越えた、というのも大きかったんじゃないかと思っています。
わたしを産んだ人はいわゆる「毒親」でして、いろんな妨害をされ、私の夢や可能性、才能も奪われてきたなと感じています。
しまいにはパニック障害に追い込まれましたしね。
(もう治りました)
母親の異常さに気づいた時から数年間苦しみ続け、大きな憎しみとなっていましたから、ストレスも人の数倍は感じ、顔もつねに緊張状態にあり、そのせいで顔に脂肪がつきにくくなっていた、という事でしょう。
ちなみに毒親と言ってもいろいろ種類があるわけで、私の「母」と思われる人(あえてこう書いています)は、発達障害からくる毒親だと思われます。
「人を思いやる」とか、「娘の気持ちを理解する部分が生まれつき欠損している」タイプなの。
脳の欠損
だから、全く悪気がなく人を傷つけることを言ったりできてしまうんです。
「全くそんな事思っていないのに、深く考えすぎ」というのがお決まりの文句。
指摘しても何が悪いのか本気でわからないんですよね。生まれつきだから。
今は障害は「特性」というようです。
脳の欠損が原因の人に何を言ってもムダ(理解ができないので)なわけで、そういう相手に憎しみを持っていても自分が老けたり病気になるだけなので、損でしょ?
同じく毒親で苦しんでいる人、大人の発達障害を疑ってみたらいいかも?
これは美容の医師が言っていましたが、「鼻もまっすぐだと思っているかもしれないけど、微妙に曲がっていたり、目の位置だってまっすぐ揃っているわけではないんだよ」と。
それと同じで、100%全身が完璧な状態で産まれてくることなんて難しいのかもしれません。

顔もシンメトリーが当たり前だと思いこんでいると、顔のゆがみ直しにかなりの金額を使ったり、いいカモになってしまうのかも。。

顔のコケは、遺伝も多少はあるようですけど、ほとんど「ストレス」なようですヨ。
私も結局そうでしたから
コケが気になる人は、こちらのサイト様の「頬のこけ解消法」の頬の表情筋を鍛える運動がとても効くので、あきらめずにコツコツ続けてみてくださいネ。
顔の筋肉は小さいので、それぞれの筋肉を意識しやすく効果を実感しやすいです。
一番は環境を変えることやメンタルトレーニングだと思いますが、とりあえずは脂肪が減ってしまったところに筋肉をつけることでふっくらさせてやるのが手っ取り早い。
(応急処置)
私のように、突然改善することもあるので諦めないでネ。

さて♪
いざ顔のコケを解消すると、思わぬ(問題)が出てくることがわかりました。
脂肪がつくことで、たるみやすくなった、という事。
目の下のたるみは全く気にならないんですが、口から下のあたりがもったりしてくるんですよね。
あれ?こんなにここ脂肪あった?と気づき、マリオネットラインのあたりや顔の輪郭が気になってくるんです。

美容について何年も取り組んできていても、経験してみないとわからないことっていまだにあるんですね。
顔に脂肪がなさすぎてもやつれてみえたりぎすぎすした顔になってしまいますけど、ありすぎても問題なんですよねぇ。

脂肪が少なすぎても老けて見えてしまい、多すぎてもたるみやすい。
理想は適度に脂肪があるお顔という事か。

これを造顔マッサージの田中宥久子さんは書いていたのね。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【高額商品】【3倍】田中宥久子の造顔マッサージ [ 田中...
田中さんが編み出したマッサージ法は、よぶんな脂肪や老廃物をリンパに流すしそれらの重みをなくすことでたるみを解消し、法令線や二重あごを改善、下がってしまった目尻が上がり、目鼻立ちがすっきりし、中高い小顔美人顔にする方法です。

田中さんの方法は、顔の脂肪が多かったりリンパの流れが悪く老廃物で顔がぱんぱんになりやすい人に効く方法という事
脂肪多めの人は毎日しっかりやれば効くだろうし、そこまで脂肪が多くない人なら、気なってきた時だけやればいいだろうし。
そこは、自分の顔を毎日観察して行う頻度を自分で決めなくてはいけない

今も人気のReFaなどの「コロコロ系」だって、リンパの流れをよくし老廃物を流すことで、それらの重みでできてしまっていたたるみや法令線が消えるので、効果が実感できる人が多く人気でしょ。

ということは、この二つの方法は、顔の脂肪が少ない人には実感しにくい方法なんですよね。

顔がコケている時って、老廃物でもなんでもいいから顔に溜まってついていてほしいくらいですもんねぇ
その重みもない人がやってもあまり実感できないのはある意味当たり前よね。
もちろんコロコロすれば血流促進にはいいんですけどね

それから。。。
フェイササイズについて。
(顔の筋肉を鍛える運動)
これについても、顔のお肉が多めの人のほうが効果が期待できるかなと思うんですヨ。
フェイササイズを勧めている人って、顔の脂肪が多めでふっくらしている人ばかりじゃない?
特に顔下半分がお肉多めの方。
シルクさんもそうでしょう?
ぽっちゃりとされてますもんね。

顔の筋肉が衰えるとたるむというのは本当でしょうけど、わたしはそれが一番だとは思っていません。
というのも私、かなりの能面ですよ?
(無表情)
なぜかというと・・・なが~くなりますが・・
昔はにこにこ表情豊かにしてましたけど、人って幸せじゃない人が案外多くって、人の幸せそうな顔を見てよく思わない人が多いの。
散々意地悪されましたからね。
そんなことが続いてから、腹の中は「め~ちゃ楽しいわ~」と思っていても、ここ数年は無表情をつらぬいています 
そうするとね、そういった被害を受けなくなるの。
人間て、笑顔できらきらしていたり、幸せそうな人を見て不安になるのかもね?
能面でいるのが一番被害に遭わないから、家から出たら私は能面人間^^
人は笑顔が好きとかいう理想論綺麗事。
時と場合によりますわね。
ということで、家の中では本来の自分に戻りますけど、だから、きっと誰よりも顔の筋肉を使っていないハズの私ですけど、言うほどたるんでないと思いません??
むしろ。。。
先日も19歳の男子に、「○さん、息子さんと僕年齢変わらないですよ、、ぜんっぜん見えないですね~」
と言われたばかり。
今、そういうお世辞流行ってるんですか?というくらい、よ~く言われます。

だから、筋肉の衰えがたるみの原因というのは、イマイチぴんときません。
もちろん、適度に鍛えてやるのは大事と思ってますヨ。適度にネ!
でも一番ではない。

こういう事なんじゃないのかな?
顔の筋肉を鍛える運動をすると、顔をよく動かすことでリンパの流れがよくなり、脂肪を含む老廃物も効率よく流れるから、結果、たるみの原因となる「重み」がなくなることにより、その重みでたるんでいた部分がなくなり、ひき上がる。
という事ではないかと。
そして、顔を動かすことで血流も促進されるので、栄養もしっかり届くようになり、角質層への水分補給も十分に行われるようになるので、肌の外側だけでなく肌の内側からもしっかりと保湿される事になり、結果小じわも目立たなくなる。
それから、コラーゲンやエラスチンといった弾力繊維の産生に使われるエネルギーが、血液から運ばれる酸素や栄養分を材料としてつくられるから、血流がよくなることでシワも修復され、弾力がアップする、
という事ではないかなと。
まぁ筋肉を鍛えることで新しい筋肉にしてやれば、ハリも出ますしね。

だからこちらの方法も、顔の脂肪などが多い人はかなり効くんだと思いますヨ。

脂肪などの重みでたるんでしまっている人は、顔の筋肉を鍛えることにより結果よぶんな「重み」がなくなり、顔もひき上がる。
シャープになる、ということ。
脂肪が多く二重あごになっている人なんかは、劇的に効くんじゃないの?

だから、私のようなそこまで脂肪が多くない人間がやったところで、そもそも「重み」がないんだから、効果が出にくいんではないか?
という事なのヨ。

。。。加齢や紫外線により、コラーゲンやエラスチンといった弾力線維の機能が低下し肌の弾力が失われたるみやすくなるんですよね。
だから、若いうちはたっぷりの脂肪などがあっても弾力があるから支えられていただろうけど、機能が低下していく年代になれば弾力が失われ重力には逆らえなくなっていくのだから、「重み」がないほうがたるまない、という事です。
(朝起きてシーツの跡が残っている人や、マスクのゴムのあとがなかなか消えない人は肌の弾力が衰え始めています)

よぶんな脂肪や老廃物は顔の筋トレや造顔マッサージで、溶かして燃やす!
顔の脂肪や老廃物などがあまりない人はそこまで熱心にやらなくても適度に行えば良いかと。
(私の場合、熱心に顔の筋トレをしてしまうと、筋肉でもっこりしたオカマ顔になってしまうの)

それと同時に、コラーゲンやエラスチンといった弾力繊維を元気にしてやる必要もあるでしょう?
この弾力繊維が衰えると重力に負け、たるみやすくなるのだから。。。
重力にも逆らえるような元気な状態になってもらわねばならぬわけです。
それには中からのケアーが当然大事でしょう。
上記のように、コラーゲンやエラスチンといった弾力繊維の産生に使われるエネルギーが、血液から運ばれる酸素や栄養分を材料としてつくられるんだから、しっかりと栄養補給する必要があるし、栄養を届けるには血流もよくしておかなきゃいけない。

私がマルチビタミン&ミネラルサプリを飲むようにしているのはそのためでもあるし、お風呂に入ってマッサージしたり、しょうが紅茶などを飲むのも血流促進のためでもあります。
(栄養補給はスムージーや低速ジューサーで作った野菜ジュースでも良い)

このように考えると、私のようなそこまで脂肪が多くないタイプは、適度にフェイササイズや造顔マッサージなどを利用して余分な「重み」をなくしつつ、それと同時に内側からのケアー、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞をターゲットにしたケアーが必要だなと改めて思うわけです。
というか、今までやってきたケアーで間違いないわけです。。
脂肪が多い人ももちろん中からのケアーは必要ですヨ。

小じわの原因は表皮の角質層の水分不足(乾燥)なので、肌バリアを壊さないナチュラルなコスメでしっかりと保湿してあげる必要がありますし、小じわの段階であれば保湿をしっかりすることで消すことができます。
(乾燥した空気にさらされたり、強い界面活性剤で洗ったり、肌に良くない化粧品を使うことで、角質層の乾燥は加速度的に進みます。血流が悪いと組織への水分補給が十分に行えなくなり、乾燥はさらに進みます)

大ジワの原因は、表皮より下の真皮で起こった変性です。

シワのない肌を保っているのは、真皮にはりめぐされているコラーゲンやエラスチンといった弾力線維です。
(コラーゲンのすき間にはヒアルロン酸が埋めていてこれも柔軟性や弾力性に欠かせない役割を果たしています)
加齢や紫外線により弾力繊維が変性すると、コラーゲンが細くなり密度もまばらになり肌の弾力と柔らかさが失われ、笑ったあとなどが残るようになります。
(本当のシワに)
朝起きた時にシーツの跡がついている人、マスクのゴムの跡がなかなか消えないのは、肌の弾力が衰えたことをよく示しています。

そして最も怖いのは紫外線で、紫外線はコラーゲンやエラスチンを直接破壊して、肌を簡単に老化させてしまうので注意が必要です。
睡眠不足が続くと、肌の水分量が低下し乾燥し小じわの原因になります。
甘いものばかりを食べているとコラーゲンが硬くなり、シワも早く深くなります。
血液循環不良は肌の新陳代謝を悪くするので、シワの刻みを早めます。
(便秘や冷え性の人はシワが忍び寄ります)

これらのシワ予防の意識は常に継続して持ち続けることが最も大切ですネ♪

さて、予防ができたら次は弾力繊維をできるだけ若い頃の状態に戻してあげねばなりません。
それには、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生している「繊維芽細胞」を活性化させ、コラーゲンやエラスチンを沢山つくらせれば美肌にいいわけです。
(中高年であっても繊維芽細胞を活性化させてやれば、コラーゲンやヒアルロン酸を盛んにつくるようになります)

私が一押しな炭酸ジェルパックが老化に効くのは、この繊維芽細胞をターゲットにしているから、なんですよね。

さてさて。
あなたのお肌はどんなタイプ?
脂肪が多いタイプですか?
紫外線を沢山浴びてしまっていますか?
小じわができやすく、お肌の弾力があまりないですか?
お肌の状態により、若返るためのケアーは違ってきます。
なんでもかんでも顔の筋肉を鍛えればいいというわけではないというのがわかると思うのですが。

自分の老化タイプを知ることは、若返りに重要です。
脂肪や老廃物が多すぎるのか、紫外線が原因なのか、それともストレスか。
はたまた筋肉の衰えなのか。

自分の老化タイプを冷静に判断し、自分に合ったケアーをすること。
美容法に100%正解はないのだから、今の自分のお肌の状態に合った方法を自分で選ばなくてはいけない。
それが若返りの近道です
思考停止していたら遅れをとりますよ?


追記。
フェイササイズについて。
目の下のたるみについては、P56の「下まぶたにハリを与える」、P84の「目の下のたるみをなくす」フェイササイズが効くので、私もやっていますヨ。
P88の「頬を上げる」も時々やります。
表情ジワが定着しそうなフェイササイズは基本やりません。
(コラーゲン繊維は、表情によって折りたたまれるたびによれていき、このよれたところが表情ジワになることがわかっています)

皮膚の細胞は、古くなると外側から脱落して新しいものが現れてきます。
これをターンオーバーといい、コラーゲンもそのサイクルにそって入れ替わっています。
ヒアルロン酸はコラーゲンよりも早く代謝し、次々に入れ替わっています。
皮膚はだいたい1か月程度で新しいものに換わっているといいます。

まずは1か月を目安に、中からのケアーも頑張っていきましょう

これからも中から外からいろいろと試し、ご紹介していきます。
こんな感じの記事も参考になるでしょうか?

ではまた




つぶやき。
お顔ぽっちゃりというと、べっきーさんみたいな人が当てはまると思う。
あーいうタイプは年いった時に顔の筋トレをしてやると効果が出やすいんじゃないかと思います。


参考図書
【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭酸美肌術 [ 日置正人 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】フェイササイズ [ キャロル・マッジオ ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】美人肌になるためのスキンケア76の法則 [ 吉木伸子 ]
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?